Stage04-01

「便りがないのは良い便りといいますが……」 「一週間はとうに過ぎたのう。もうすぐ二週間に突入じゃ」  静かなブリッジで女性が二人、自分たちの持ち場へゆったりとした姿勢で座りながら呟いた。  その姿とは裏腹に、呟かれた言葉には僅かながらの心配の色が滲んでいる。味方とともに居るとはいえ、敵陣の深い場所まで入り込んでいるのだから当然…

続きを読むread more