Stage04-02

 遠くで轟音が響いたかと思うと、鈍い揺れが並んだチェスの駒を揺らした。  こういうときにマグネット式のものは便利だなと思うが、どう見ても劣勢である東堂にしてみれば、今の揺れでノーゲームになってほしかったところだ。 「何の音だ?」 「いつもの定時攻撃さ。定時ってわけじゃねーけど、毎度毎度ご苦労なこったろ?」  駒を動かしな…

続きを読むread more