アポロ・M・シバムラ様からの御依頼品

/*/

 一瞬のような永遠の、甘い口づけが終わる。
 薄い、半透明の糸が橋となって一瞬だけ2人を結び、消える。
 頭上に上がった巨大なハートマークが、示し合わせたように弾け、欠片が小さなハートとなって降り注いだ。
 遅れて咲いた桜の花びらが舞い、その中で2人、観衆へ向き直って腕を組めば、あまりに突拍子な演出で、声を上げ、腹を抱えてて笑っていた大勢の声が、しんと途切れる。
 静寂の歓迎。
 そよぐのは風の声。
 聞こえるのは木々のざわめき。
 香るのは花の香り。
 運ぶのは蝶の羽。
 謡うのは鳥の囀り。
 黙した人間たちに代わり、風が、木々が、花が、蝶が、鳥が、祝福の声を上げていた。

 しばらくしてふいに、拍手の手が鳴り響く。
 始めは小さかったそれは、波紋のようにどんどん広がり、気がつけば壮大なものと変わっていた。
 拍手の海。それはすっと2つに割れ、広大な会場に一本の赤い道を作り上げる。

 その道を、2人がゆっくりと歩いていく。
 歓迎するように木漏れ日の差し込む特設会場から臨む、霹靂の空に無数のベレー帽が舞った。
 帽子が集まり、巨大な羽ばたきとなり、重力なんてものに縛られず、力強く、自由に空へと昇る。

 上を見上げながら歩む2人を、左右から掛けられる泣声、祝言、歓声の嵐がそれを歓迎した。
 かけられる一言一言に、
 笑った思い出、
 怒った思い出、
 泣いた思い出、
 みんなと過ごした掛け替えのない時間が、永遠に変わらないと思っていた時間が、堰が外されたように溢れ出る。
 すべて変わるわけでもないのに。そうわかっているのに零れそうな涙堪えて、下げた視線を再び空へ上げた。
 今はただこの時を、この一瞬を大切に。
 大きく息を吸い、心の中で数えた3カウントの後、感謝を込めた必死の笑顔。
 掛けられる言葉が再び思い出させる、もう戻らない時間が、我慢しているというのに泣かせようと意地悪をする。
 これが一番の幸せなのに、昨日にはもう戻れない。そう思うとそれが、掛け替えのない大切なものだったと認識できて、ただ涙が溢れた。

 はにかみながら進む先、木々の切れ間で眩い光が誘うように輝く。
 まるで2人の行く道を暗示するかのようだ。
 そう、歩く2人分の影だけを後ろに落とすその光が示すよう、これから先2人の前に障害がいくつ立ち塞がろうとそれは、もはや障害と成り得ないだろう。

 2人は今、対の翼を持った一羽の鳥となったのだから。

/*/